アマニの世界へようこそ
朝食に、アマニを
ニップンのアマニ公式facebook
アマニンジャー

ニップンの取り組み

 英名「FLAX」、和名を「亜麻」という植物の種子(仁)が「亜麻仁(アマニ)」です。外見はゴマよりひと回り大きく、香ばしい味です。 古くは石器時代のスイス湖棲人遺跡から発見され、人類が初めて栽培した植物の一つといわれ、古代人がその繊維と種子を利用していたとの記録があります。紀元前3000 年から2000 年頃にはエジプトで栽培されていたようです。アマの茎の繊維分からは布地が作られ、エジプトではミイラを包む布として利用されていました。シーツやテーブルクロスなどの布地をリネン、リンネルというのはアマの学名(Linum usitatissimum L)から来ています。アマニ(アマの種子)は食用として認知され、搾った油も利用されていました。